スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるごとたくあん

20150717211119ced.jpg
たくあん大福。

先日テレビで、チャーハンをパラパラにする裏技をいくつか紹介していて、
その中の1つに「たくあんを入れる」というのがありました。
刻んだたくあんを入れることで味付けの代わりになるので
余計な調味料の水分を加えずに済み、べちゃべちゃしないということでした。

へ~たくあんかと思ってなんとなくネットでたくあんを検索していたら、
たくあんを使ったアレンジ料理がいくつも出てきました。

たくあんって慣れ親しんでいるけれど、最近食べてないな
あの黄色いビジュアルが懐かしいなと思い、
私もたくあんをアレンジしてみることにしました。
そうです、お菓子にします。


たくあんの種類、そして夏の思い出

さっそく買ってきました。
20150717210314cac.jpg

よく行く駅ビルの食料品街の漬物屋さんに行ったのですが、
たくあんというだけでいろんな種類がありました。

よくある真っ黄色のたくあんと、べったら漬、いぶりがっこを想定していたのですが
鰹節を入れたものとか、古漬風とか、たくあんだけのコーナーがあるほどでした。

お店の方に、たくあんがほしいんですが・・・と話しかけたところ
おじさんがいろいろ紹介してくれました。
これはいちばん普通のやつで、これは塩分の強いもので・・・など
わかりやすかったのですが、
まさか私がこのあとお菓子にしようと思っているとは思わないだろうな・・・と
なんとなく罪悪感をいだきました。

このお店のおじさんは、覚えていらっしゃらないと思いますが、
実は以前個人的にお世話になったことがあるのです。

5、6年前のちょうどこの季節、地元の夏祭りの日に浴衣で駅ビルを歩いていたら、
ちょうどこの漬物屋さんの前を通ったとき、下駄の鼻緒が切れてしまったのです。
とりあえず靴売り場に行ってサンダルを買うかと足を引きずりながら歩いていたら
後ろから「ちょっと、ちょっと」と呼び止める声が聞こえました。

なんだろうと振り返ると、そこにはガムテープを持った漬物屋さんのおじさんが。
私の鼻緒が切れているのを見かけて、困っているだろうと
ガムテープを持って走って追いかけてくれていたのです!

おじさんが貸してくれたガムテープで直した下駄は
ずっと履き続けられるくらい頑丈だったので、
結局靴屋さんには行かず、そのまま家に帰ってサンダルに履き替えたのでした。

おじさんありがとう!今後漬物はおじさんのお店で買います!!

と心に誓ったのですが、普段漬物を買わないので
それ以来の会話となりました。
改めて、おじさんありがとう!
おじさんのお店の漬物、決して無駄にはしません!


漬物3種類

おじさんは、当然たくあんを1種類だけ買うのだろうという反応だったので、
なんとなく言い出せず、「いちばんオーソドックスなたくあん」と言われたものだけ
買ってきました。

というわけで、3つのうち2つはほかのスーパーで買ってしまったのですが、
1つずつ紹介していきます。

まずはおじさんのお店のものです。
20150717210342d47.jpg

おじさんのいちばんのおすすめで、
みんなが思うたくあんの味とのこと。

食べてみると、確かに記憶の中のたくあんの味でした。
真っ黄色のたくあんより甘味は少なめですが
十分甘くて、ぱりぱりした歯ごたえもおいしいです。

次ははいぶりがっこです。
2015071721035672c.jpg
パックを開けると・・・と書きたいところですが、
開ける前からすでに燻製臭が。
こういう漬物ってパックを開ける前から匂うのはなぜでしょう。
液漏れしているわけでもないのに・・・。

2015071721083635e.jpg
あらかじめスライスされています。

スモーキーな香りと同時に甘味が感じられます。
薄くスライスされているのに、
十分歯ごたえのあるぱりぱりとした食感がおいしいです。

ところで、「いぶりがっこ」と入力して変換すると、

胆振がっ子

になってしまい、ちょっとめんどくさいです。

胆振がっ子。
なんとなくじゃりン子チエ を思い出します。

最後はいなか漬です。
20150717210409a2a.jpg
昭和三十年代の味 昔なつかしいすっぱいいなか漬

なるほど、すっぱいのね・・・と思って食べたつもりが、
予想をはるかに上回るすっぱさです。
1センチくらいの厚さに切って口に入れたら一瞬息が詰まりました。
甘いたくあんの味を想像して口に入れるとかなり大きく裏切られます。


アイスクリーム×いぶりがっこ


スモーキーで甘いいぶりがっこが、なんとなく
バニラアイスと合いそうな気がしたので、混ぜてみます。

いぶりがっこを刻んで・・・
201507172104228ad.jpg

アイスクリームをやわらかくして・・・
20150717210436446.jpg

ボウルにあけて、刻んだいぶりがっこと混ぜます。
201507172104505f2.jpg
113mlのアイスに、いぶりがっこ20グラム入れました。

かなり溶け気味なので、
20150717210503db0.jpg
もとのカップに入れてまた冷凍庫へ。
2015071721025726e.jpg

20150717210521dae.jpg
固まったので、食べます!

201507172106067ab.jpg

あ!おいしい!!

こってり甘いバニラアイスに、燻製の香りが加わって、
あまじょっぱいパンチのある味になりました。
予想の範囲内の味でしたが、予想を上回るパンチ力です。

いいじゃないかと思ったのですが、
この直後印象が変わります。

アイスが溶けた後も、いぶりがっこがかなり口に残るのです。
もともとぱりぱりと歯応えのあるいぶりがっこが、凍らされることでさらに硬くなります。
バニラアイスがすっと口の中で溶けるのに対し、いぶりがっこがいつまでも
口の中で主張し続け、後味は完全にいぶりがっこです。
例えるなら、いぶりがっこアイスです。

完成度 ★☆☆☆☆


いぶりがっこケーキ

いぶりがっこのスモーキーで甘い味はお菓子に合いそうな気がするので、
加熱してみたらどうだろうと、今度はパウンドケーキにしてみます。

バターと砂糖を混ぜて・・・
20150717210632119.jpg

溶き卵と薄力粉を加えて・・・
201507172107065ce.jpg

刻んだいぶりがっこを加えます。
20150717210726233.jpg

焼きます。
20150717210746660.jpg

オーブンから燻製の香りが漂ってきます。

できました!
201507172108059e7.jpg

完成後も燻製の香りです。
20150717210820a2a.jpg

おいしいです。
やはりもともと甘味の強いいぶりがっこはお菓子との相性がいいです!
しかも今回は加熱して柔らかくなったので歯応えもちょうどいいアクセントになっている!
スモークチーズで作ったチーズケーキがあったらこんな感じかなぁ。

・・・と思ったのですが、どうしても味のパンチが強すぎました。

そして突然現れる漬物感に、
私はいぶりがっこ入りケーキを食べているという現実に引き戻されます。

甘い!しょっぱい!燻製!漬物!!!
という感じです。
この味の濃さは、これをおかずにごはんが食べられそうです。

完成度 ★★☆☆☆


和菓子にする

いぶりがっこは普通に食べることにして、今度は若宮一本を使ってみます。
20150717210342d47.jpg
おじさんが勧めてくれた、オーソドックスなやつです。
洋菓子が続いたので、和菓子にしたいなー・・・ということで、これを。

白玉粉に少しずつ水を混ぜて・・・
20150717210902618.jpg

砂糖、どばーーー
20150717210916378.jpg
グラニュー糖を買ってこようと思っていたのに忘れてしまい
家にあるきび砂糖で作っているため茶色くなってしまいました。


201507172109290db.jpg
これをレンジで加熱します。

伸びてきました!
201507172110044b4.jpg

片栗粉をまぶして伸ばして・・・
201507172110215e7.jpg

20150717211034421.jpg

たくあんと、あんこを包んで・・・
2015071721105026e.jpg

いちご大福ならぬ、たくあん大福ができました!

2015071721110339d.jpg

しかし茶色い・・・。
珈琲大福の様になってしまいましたが、たくあん大福なのです。

20150717211119ced.jpg

おいしいです!味は合います。
でも、やはりこれもたくあんの歯応えが・・・。
お餅とあんこに比べて、たくあんが最後まで口に残ります。

そしてなんといっても味が濃い!!

食べ続けていると、

甘い、甘い、しょっぱい!
甘い、甘い、硬い!!
甘い、甘い、しょっぱい、濃い、甘い、しょっぱい、硬い!!!

と、頭の中で応援団が三々七拍子を始めます。

完成度 ★★★☆☆


あのお菓子にしてみる

最後はいなか漬を使ってみます。
20150717210409a2a.jpg
ひたすら酸っぱかったアイツです。
甘味がなく酸っぱいので、かなり甘めのお菓子と組み合わせてもいいかも・・・
ということで、こうしてみます。

まずはスポンジケーキです。
20150717211133a0e.jpg
広げるのを失敗して細切れになってしまいましたが、大勢に影響はないのでこのまま進めます。

砂糖を加えて泡立てた生クリームを塗って・・・
20150717211204a08.jpg

細長く切ったたくあんを乗せて・・・
20150717211217407.jpg

つつみます。
20150717211241e9f.jpg

そうです、まるごとバナナならぬ、まるごとたくあんです。

これです。
20150717211253474.jpg


問題作を作ってしまった。
20150717211307751.jpg

あれ!?
おいしい!!!
201507172113320fa.jpg


いちばん問題作だと思ったけれど、いちばんおいしいかも!

甘いスポンジと甘い生クリームがすっぱいたくあんと合う!
しかもたくあんの匂いは消えてます。

ウィキペディアによると、姉妹商品として、まるごと苺やごろっとピーチというのもあるらしいので
次回はぜひまるごとたくあんを出してほしい!





・・・・・・ただ、皮が噛み切れない!!

完成度 ★★★★☆



まとめ

導入にチャーハンを挙げて、
お菓子にも合うことを示してたくあんの汎用性を証明するつもりが
今回はぴったりはまるものがありませんでした。
イチオシはまるごとたくあんですが。
とりあえずは、そのまま食べたり、チャーハンに入れたりして
食べようと思います。
(家族に勧められていぶりがっこにクリームチーズを乗せて食べたのですが
おいしかったです!)

そして、平常時でも糖分・脂質(おもにバター)摂りすぎの自覚はあるのですが
今回塩分も摂りすぎました。

あと、よくスイーツビュッフェで甘いものを続けて食べた後、
ちょっとしょっぱいものを食べるとリセットされてまた甘いものを食べられる現象がありますが、
甘いものとしょっぱいものを同時に食べても
味の濃さに打ちのめされて身がもたないことを改めて確認した次第です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。