スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りソフトクリームでハロハロを自作してみる

ミニストップのハロハロが好きなのですが、
近所にミニストップがなくて、ここ数年食べることができていません。
最近暑くて、あぁハロハロが食べたいなぁという思いが
頭からずっと離れませんでした。
かといって電車に乗ってわざわざ食べに行くのもなぁ、
何か用事があって行った先に偶然ミニストップがあればいいのに・・・。

そんな風に思っていたところ、そういえばテレビで以前
ソフトクリームを手作りしているのを見たことを思い出しました。
ソフトクリームさえ作れれば、ハロハロも自作できるのでは!?と思い、
やってみました。

20150605212232a0c.jpg
最終的にこうなります。

○ハロハロとは
ミニストップのハロハロは3層からなっていて、
一番下はかき氷、
中段にゼリー(軟らかいゼリーにフルーツとナタデココ、ハート形の硬めのゼリーが混ぜてある)、
トップにソフトクリームが乗っているという商品で、今年で20周年らしいです。
今年は、わらび餅が乗った「黒蜜きなこ」や、鹿児島の氷菓「しろくま」風のものもあるようですが、
いちばんオーソドックスなタイプを作ってみます。

○ソフトクリームづくり〈その1〉
まずはソフトクリームです。
私が観た番組のホームページからレシピを拝借してきました。
分量が多かったので、半量で作ってみます。

まずは牛乳と生クリームを温めて・・・。
20150601095816511.jpg

ボウルで卵黄3個と砂糖を混ぜます。
2015060109583631c.jpg
実は半量にしようと思ったのはこれが大きな原因です。
もともとのレシピだと6個だったので、残りの卵白使い切れるかな・・・という思いから
3個にしてしまいました。
それでも3個って、結構多いな・・・。

ふやかしたゼラチンを混ぜて・・・
20150601095854413.jpg

温めた牛乳と生クリームを混ぜたら、鍋に戻して温めます。
2015060109590622d.jpg

こし器で濾したら、氷水で冷やしながら混ぜて・・・
201506010959321c2.jpg

20150601095947f21.jpg

あとは冷凍庫で冷やしては混ぜを何回も繰り返して、
絞れる硬さになるまで凍らせれば完成です。

冷やしては混ぜを何回も繰り返して・・・

繰り返して・・・

なのですが・・・

冷凍庫に入れて、1回も混ぜないまま寝てしまったのです・・・。

そもそも夜作り始めたのがいけないのですが、
1時間冷やすから、その間仮眠してようと思ったのが失敗でした。
気が付いたら朝を迎えていました・・・。
眠いなとは思っていたのですが、
いやいや私のソフトクリームを食べたい想いは強いぞ、
睡魔に勝つぞと思っていたのです。
自分の食欲を過信していました。

カチンコチンでした。
20150601100002efd.jpg

ここから修正できるのだろうかと思ったのですが、
ためしに溶かしてみます。
20150604215943c2b.jpg

しばらくおいたら半冷凍くらいに溶けたので、泡立て器で混ぜてみました。
201506011000205f5.jpg

お、いけるんじゃないか!?
20150604220207b1d.jpg

あとは、冷やしては混ぜを繰り返して、
ソフトクリームらしい硬さまでなんとかもってきました。
20150604220140ac9.jpg

ハロハロに仕上げる前に、一回ソフトクリームだけ盛り付けて食べてみます。

実はこの、ソフトクリームを盛り付ける作業には自信があるのです。
というのも、以前お茶屋さんでアルバイトをしていて、
その店頭でソフトクリームを手売りしていたのです。

そのときはソフトクリームマシンからぐるぐるとコーンに乗せて作っていたのですが、
今回は生クリームでケーキをデコレーションするときみたいな、
星の口金をつけた絞り袋に入れて、ぐるぐると絞ってみます。
201506011002147cc.jpg




ソフトクリームマシンと違う!
難しい・・・。
ちょっとずつしか出てこない上に、
絞り袋が冷たくて手がしびれます。

バイトのとき、
「営業中ソフトクリームの巻きを失敗したときは自分で食べる」というルールがありました。
最初は、「え、食べちゃっていいの!?ラッキー!!むしろ失敗したい!」
と思っていました。
でも実際やってみると、営業中にどんどん溶けるソフトクリームをすぐに
食べないといけないというのは
結構重いペナルティーだということに気づきました。

ソフトクリームの巻きに失敗したら、
そのソフトクリームはいったんスタンドに置いて、
別のソフトクリームを作り直してお客様に渡して、一段落したら店の奥に走って、
失敗ソフトをできるだけ早く食べて戻ってこないといけないのです

本当は味わって食べたいのですが、バイト仲間の目もあるし、
「あいつまた失敗して・・・。わざとなんじゃないの?」
と思われているのではないかとびくつきつつ
1分くらいでソフトクリームを飲みこんでいました。
でもそれが恐ろしくてソフトクリームの巻きがすぐに上達しました



絞り袋でもなんとかできました。
2015060110022679f.jpg
バイトだったら間違いなくやり直しのレベルですが・・・。

食べてみると・・・
・しゃりしゃりしている
・味はバニラアイス!卵の味をしっかり感じる
・ソフトクリームの硬さだけれどしゃりしゃりしていて味はバニラアイスって・・・
・もしやこれはバニラジェラートでは


やはり一回も混ぜないまま寝てしまったのは失敗でした。
一気に凍らせず、冷やしては混ぜを繰り返すことで滑らかな仕上がりになるようです。
硬さはソフトクリームにできましたが、しゃりしゃり感が残ってしまいました。
また、このレシピだと乳製品の味より卵の味が勝っています。
これはこれで美味しいのですが、ミニストップのソフトクリームはもっと牛乳っぽい味だったなと思います。

作ってみようという方にお伝えしたいこと
・「冷やしては混ぜ」の工程は決して省いてはいけない



○ソフトクリームづくり〈その2〉
この経験を生かして、もう1回作ってみます。
今度は寝ません。
そして、卵黄を入れないでやってみます。

材料はこれです。
20150601100138c31.jpg
右奥はゼラチン、右手前は砂糖です。

同じように作って、氷水で冷やしながら混ぜて・・・
20150601100152ea9.jpg

冷凍庫に入れて、冷やしては混ぜを繰り返しました。
20150601100256f87.jpg

絞れる硬さになったので、また絞り袋に入れて盛り付けて試食します。
201506011004126c1.jpg

別に星の口金はいらないのではと気づいてはずしてみました。
絞り袋から直接ぐるぐると絞っただけですが、
このほうがあっという間に絞れて、手が冷たさで痛くなりませんでした。
とはいえ、やはり見た目は残念なことに・・・。

食べてみると・・・
・ソフトクリームだーーー!!!
・軟らかいのにねっとりした、ソフトクリーム独特の食感
・牛乳の味がしっかり感じられる


努力の甲斐あって、ちゃんとソフトクリームができました。
なかなか大変な作業でした。
いや、やってること自体は大したことないのですが、
30分おきに冷凍庫からとりだしては混ぜる
というのは思った以上にめんどくさかったです。
しかも、絞れる硬さになったらそれ以上冷やさず、
すぐに食べるのが理想らしいのですが、
いつ食べ頃になるかが読めないので、
いつでもおやつを食べられる姿勢で臨まないといけません。

作ってみようという方にお伝えしたいこと
・夕方4時に作り始めて、結局夜7時くらいにちょうどいい感じになったので、食べたい時間の3時間くらい前に始めるといいかも



○仕上げ
ソフトクリームはこれでいいとして、次にゼリー部分です。

りんごジュースと砂糖とレモン汁を温めて、ゼラチンを加えたら・・・
20150601100039467.jpg

ハロハロといえばハートのゼリー!
ピンクの食紅を買ってきました。
2015060110004900e.jpg

この小さい匙に山盛り1杯で0.1グラムらしいです。
20150601100059a53.jpg

思ったより色が出なくて、
ここまでくるまで結局山盛り5杯くらい入れました。
201506011001080e6.jpg

もう1つ、食紅を入れずにもっと軟らかいゼリーも作りました。
20150601100312996.jpg

ピンクのゼリーの方はハートの型で抜いて、
201506011003247f7.jpg

軟らかい方はクラッシュゼリーにして
20150601100334b6d.jpg

ナタデココとパインを混ぜました。
20150601100345d19.jpg

かき氷部分はこれを使いました。
201506011003544f8.jpg

さて、あとは順に盛付けていくだけです。


・・・・・・・・・



できました!
20150605212232a0c.jpg
力加減を間違えてソフトクリームがかなりいびつに・・・。
あわてて修正しようとスプーンで触ったらもはやぐるぐる感がなくなってしまいました。
あと、自分の好みで本物よりかき氷を少なくソフトクリームを多めにしてみました。


食べてみると・・・
・ソフトクリーム・ゼリー・かき氷が一度に味わえるのってやはり嬉しい!
・カップが小さくて食べづらいけれど、それはそれで楽しい
・この組合せの商品を20年前から販売してるってすごいな


ちなみにソフトクリームは食べ頃を迎えてから再度冷凍しておいて、
盛り付けるちょっと前に出して軟らかくしてから使ったのですが、
特に食感も味もできたてと変わらず美味しく食べられました。

作ってみようという方にお伝えしたいこと
・ソフトクリームは完成した後なら、さらに冷凍して固まったものをまた軟らかくしてもおいしく食べられる


○感想
手作りソフトクリームは、冷凍庫に入れて冷やしては混ぜ、冷やしては混ぜを繰り返し、
さらに基本的にはできた瞬間に食べないといけない、難易度の高いものでしたが、
自分でぐるぐると盛り付けて食べるのはとても楽しかったです。

5年ぶりくらいにハロハロを食べましたが、こってり甘く冷たいソフトクリームから始まって、次にフルーツ&ゼリー、そして最後にまた冷たくてさっぱりしたかき氷で終わるというのは、かなりよく考えられた商品だなと思いました。

ただ、本物はもしかしたらちょっと違ったかもしれないと思うのです。
特に、どうやらゼリー部分はラムネ味だったみたいで・・・。
近々、電車に乗ってミニストップに行ってこようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子 - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。