スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーコンシェイクを作って飲んでみた

アメリカのハンバーガーチェーン「ジャック・イン・ザ・ボックス」が、ベーコンシェイクなるものを発売したそうです。

シェイク、大好きです。
ベーコン、冷蔵庫に常備しています。
なにより、時代は未知なる味を求めて探求する時代です。

というわけで、私もベーコンシェイクを試してみたいのですが、「ジャック・イン・ザ・ボックス」は日本では展開していません。
おまけに公式サイトによると「本当に限定中の限定商品」だそうで、いつまで味わえるのかわからないらしい。
いまからアメリカ旅行を企画しても、間に合わないかもしれない!

そこで、自分で作ってみることにしました。

前提として燻製のお肉と甘いものの組合せですが、これはそんなに珍しいものでもないと思うのです。

まず、みなさん御存じのマクドナルド。
朝マックの「マックグリドルソーセージ」はメイプルシロップの甘みの強いパンケーキで、ソーセージパティをサンドしています。

これは好き嫌いが分かれるようですが、朝マックのメニューとして定着している様子。
私は好きです。


そしてもう一つ、ロイヤルホストの朝食メニュー「パンケーキ&フライエッグ」。
imgb150a755zik5zj.jpg

ロイヤルホストではおなじみのパンケーキに、目玉焼きとベーコン、そしてソーセージが同じお皿にのって出てきます。
もちろん先に目玉焼きとベーコン、ソーセージを片づけてからパンケーキを食べれば、しょっぱいものと甘いものを別にすることができます。
でも、メイプルシロップをたっぷりかけたパンケーキと一緒にベーコンやソーセージを頬張ってもおいしいんです!

そう、スモーキーなお肉と甘いものの相性は悪くない、いや抜群だ!ということで、早速ベーコンシェイクを作ってみます。


まず、今回ベーコンは我が家の冷蔵庫に常備してある4連パックのこちらを使用します。
CIMG0456 (800x600) (240x180)

ベーコンは加熱済みの食材なので、そのままでも食べられますが、今回は油抜きも兼ねてレンジで15秒程加熱します。

「ベーコンシェイク」の公式レシピはわからないので、こちらのサイトを頼りに考えていきます。

「ミルクベースのシェイクに、ベーコンに合うメープルシロップの風味をプラスし、最後にちょっぴりスモーキーなベーコンの後味が残る」


らしいので、普通のバニラシェイクにベーコンとメイプルシロップを加えることにします。
CIMG0443 (800x600) (240x180)


ベーコン1枚に牛乳100cc、贅沢にもハーゲンダッツバニラ75ml、そしてメープルシロップ小さじ1をミキサーにかけました。
CIMG0445 (800x600) (240x180)


出来上がったのがこちら。
CIMG0446 (800x600) (240x180)



飲んでみます!
CIMG0448 (800x600) (240x180)





思った通り、これ嫌いじゃない!
CIMG0452 (800x600) (240x180)


感想
・ハンドミキサーだからか?ベーコンがじゃりじゃりする舌触りが気になる
・本物を飲んだ感想には「最後にちょっぴりスモーキーなベーコンの後味が残る」とあったけれど、自作のベーコンシェイクは最初から最後までスモーキー
・とはいえ甘いミルクとベーコンは合う!!甘じょっぱくてスモーキーでおいしい!!
・甘い燻製って初めての体験
・牛の乳と牛の肉だから合うのか!?
・と興奮しながら思ったけれどよく考えたらベーコンは豚だ


せっかく作ったのだから美味しくあってほしいという願望があったかもしれません。
はっきりいえば、家に大切なお客様が来たときにお出しするものではないでしょう。
でも、決してまずくはないのです!!

人様にお出しするとしたら…、試験勉強中の友達に「まぁまぁ、これでも飲んで頑張ってよ」と言って出すのにどうでしょう。
遊び心でリフレッシュできるし、糖分とタンパク質、脂質に塩分が一度に摂取できますよ!!



あえてベーコンをシェイクにする意味
1 遊び心がある
2 栄養価が高くなる
3 甘じょっぱいっておいしい
4 ベーコンの美味しさの1つである燻製の香りはミルクの甘味とも合い、初めての味を楽しめる





気をよくしたので、ここからはベーコンの新たな楽しみ方を考えてみようと思います。

シェイクでベーコンを飲むって新しいアプローチだよなぁ…ということで、飲み物にする方向性からもう1つ。
ベーコンと相性の良さそうなトマトと組み合わせて、ベーコントマトジュースを作ってみます。

BLTサンドにはトマトケチャップが使われるし、ミネストローネにはベーコンが入っています。
これは間違いないはず。
トマトジュースが苦手な人でも飲めちゃうものが出来上がるのでは!?

あえて不自然があるといえば、ベーコンを冷たい飲み物にするということだけ。


CIMG0460 (800x600) (240x180)
トマトジュース150ccにベーコン1枚を入れてミキサーにかけます。


CIMG0462 (800x600) (240x180)
できました。
最後にブラックペッパーもかけてみました。



それではいただきます。
CIMG0470 (800x600) (240x180)



しょっぱい!!
CIMG0472 (800x600) (240x180)



感想
・かなりしょっぱい!!濃厚!
・シェイクのときは感じなかったベーコンの脂っぽさが強くなった
・一方でシェイクのときに感じた燻製の香りはなくなった
・予想通り冷たいミネストローネポタージュだ
・トマトジュース独特のえぐみは残っているので、トマトジュース嫌いの人はやはり飲めないだろうな…



結論として、これはお勧めしません。


ベーコンをトマトジュースに入れることを勧めない理由
1 一見普通の組み合わせなので遊び心がない
2 シェイクのとき乳脂肪に隠れていたベーコンの脂が主張してきて、冷たい飲み物としてベーコンを摂取することの不自然さを強く感じる
3 ベーコンのおいしさ要素の1つである燻製の香りがトマトの香りに消えてしまう






次は口直し!甘味との組合せでもう一品。
ちょうどバレンタインデーということで、ベーコンチョコに挑戦します。


CIMG0454 (800x600) (240x180)
手作りチョココーナーで買ってきたホワイトチョコのカップです。


CIMG0457 (800x600) (240x180)
刻んだベーコンをたっぷりとカップに入れます。
ゴディバのノベルティのお皿に乗せてみました。


CIMG0459 (800x600) (240x180)
溶かしたビターチョコレートを注ぎ、さらに刻みベーコンをひとひらトッピング。
このまま冷やし固めます。
手間いらず!!


まったく変わってないように見えるけれど…できました!!
CIMG0464 (800x600) (240x180)


断面はこんな感じ。
異物感!!
CIMG0469 (800x600) (240x180)


食べてみると…

感想
・燻製の香りも脂っぽさもなくなっている
・食感が面白い、ぐにゃっとなる
・甘じょっぱいというのはわかる
・言われなかったら中身がベーコンとはわからないかも…
・チョコレート圧勝、そしてチョコはなんでもおいしい



見た目のインパクトに比べて味のインパクトがなく、手間もかからないけれどやる甲斐もないという結果に。



ベーコンチョコレートに関して評価しがたい理由
1 遊び心はあるけれどやってみると面白みがない
2 ロシアンチョコレートとして楽しめるかと思いきや、たいして罰ゲームの要素がない
3 簡単すぎて、「作るの大変だったのに!」という悔しさもない





こうやってほかに2つ作ってみると、ベーコンシェイクの完成度の高さがわかる結果となりました。
乳脂肪によってベーコンの脂っぽさを感じさせることなく、燻製の香りを引き出しています。
ぜひ本物を味わってみたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。