スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんなサイズでソーセージパンを作ってみた

20150519101428977.jpg

みなさん、もちろんパン好きですよね。
当然私も好きです。
さらに、ソーセージも好きなんです。
そうなるとソーセージパンは大好きで、
パン屋さんでもよく購入します。

そんなソーセージパンですが、パン屋さんで見かけるものって
あまり大きのバリエーションは見受けられないと思うのです。
ポークビッツでソーセージパンを焼いたら
可愛らしいミニパンができるのでは。
フランクフルトでも作ってみたら
リッチな美味しいパンができるのでは。
と思ったので、実践してみます。



○ソーセージの調達
ソーセージ、お弁当や朝食の定番でしょっちゅう口にするけれど、
いつ食べてもおいしいですよね。
普通のウインナーを茹でて、あつあつをパリッと食べるのがおいしいのは
あたりまえだけれど、
野菜と一緒に炒められて、お弁当箱の中で冷えたポークビッツも、
いじらしくて魅力的だと思います。
そして何より大きなフランクフルト!
がぶっとかぶりつくとあふれ出る肉汁!
それをパンで受け止める・・・というようなソーセージパンが作れたらいいなぁ。

そういえばソーセージとウインナーの違いについて、
何回も調べているのだけれどすぐ忘れてしまいます。
おおざっぱに言うと、ソーセージというカテゴリーの中の一種類として
ウインナーがあるということらしいです。
荒っぽくまとめると、細めのものがウインナーで、
太めのものはフランクフルトと思っていれば
だいたいはずさないのではないでしょうか。

ともあれ、スーパーで調達してこういうラインナップになりました。
20150519100658d50.jpg
左上から時計回りに、
ポークビッツ、ウインナー、ハーブ入りフランク、通常のフランク


通常のフランクフルトの隣にハーブ入りのものも売られていて、
ビアホールとかで食べる超ジューシーなやつだ!これも試したい!
と買ってしまいました。
飲み会のとき切り分けて粒マスタードなんかつけて食べるけれど、
1人1切れくらいになってしまうので、もっと食べたいなぁと思っていました。
パン屋さんにこのタイプのソーセージパンってないけれど、
どうなるでしょうか。
あと、比較のために普通のウインナーでも作ってみようと思います。

袋から出してみるとこんな感じ。
ポークビッツがはかなげでかわいく感じられます。
201505191007090cb.jpg


○パン作り
プレーンのパン生地です。
2015051910072081f.jpg

一次発酵させた生地を6等分してベンチタイム。
20150519100732673.jpg

15分放置して、生地が膨らんだら・・・
201505191007435fd.jpg

まずは普通のソーセージパン。
6分の1の生地を細長く伸ばして、
両端をくっつけて、こんな唇みたいな形にしたら・・・
20150519100801db9.jpg

ウインナーを上にポン。
20150519100813310.jpg

同じ要領で、今度は6分の1の生地2つ分を使って同じように唇型に・・・
20150519100828228.jpg
するのが難しい・・・。
パン生地を均一の太さにできず若干いびつになってしまいました。

まぁとりあえずフランクフルトをポン。
20150519100853a1a.jpg

ハーブ入りフランクも同じようにポン。
201505191008421b0.jpg

ポークビッツ用は、6分の1の生地をさらに4等分して、唇型にして、
20150519100919451.jpg

ポークビッツをポン。
20150519100943ecc.jpg
これ楽しいです!
小さいから生地の扱いも簡単で、また慣れてきたのもあって、
リズムよくどんどん作成しました。

それぞれ二次発酵。
20150519100906f0f.jpg

20150519100953cf9.jpg

照り出しのために卵液を塗って、
ケチャップ、マヨネーズを乗せて、オーブンへ。
201505191011412dc.jpg

20150519101259406.jpg

焼けました!
201505191012162b9.jpg

20150519101310e4c.jpg

・・・と思ったら、フランクたちの様子がどうもおかしい・・・。
パンのふくらみが弱いというか、張りがないので
フランクフルトを持ち上げてみたら、下が生焼けでした。
20150519101200750.jpg

オーブンに戻して再度焼いて、なんとか火が通った様子。
20150519101241943.jpg
かなり焦げてしまいました・・・。


○完成
ウインナーとポークビッツ
201505191014039ce.jpg

通常のフランクとハーブ入りフランク
20150519101414f01.jpg

20150519101428977.jpg
左上から時計回りに、
通常のフランク、ハーブ入りフランク、ポークビッツ、ウインナー


焼けたウインナーの匂い、出来立てパンの甘い匂い、マヨネーズ焼けた匂いが
混ざって食欲を誘います。
そしてポークビッツパン可愛い・・・。
もともと可愛いポークビッツだけれど、
こうやって大小の違いが際立つと余計に可愛く感じられます。

学生時代、私が教科書の入ったカバン、お財布や携帯が入ったバッグ、
ジム用のスニーカーやTシャツが入ったスポーツバッグなど、
たくさんの荷物を持って歩いていたら、
同じクラスのキラキラ系女子に、

「荷物が多い時は1つにまとめたほうがいいよ!
大きいバッグを持ってると、対比で自分の体が小さく可見えるから。
小分けにしていっぱい持ってると、単なる荷物の多い人だけど、
大きなバッグを持ってると、可憐な可愛い子に見えるんだよ!!」


と言われたのを思い出しました。

しまった、今回のソーセージパンに関しては、
ポークビッツパンが可愛さアピールアイテムだなと思っていたのですが、
実際には無意味に大きいフランクフルトパンこそが
もてアイテムだということを見抜くべきでした・・・。



○食べてみる
さて!いよいよ試食です。
焼き立てをほおばります!!

まずはポークビッツパンから。
2015051910144856a.jpg
・パンだ。焼き立てのおいしいパンだ。
・ウインナーパンというよりパンの比重が大きい
・梅干し1個でごはん一膳食べているような感じ
・でもパン自体好きだから割と満足
・一口より若干大きいサイズなので、一口で頬張るとちょっとわんぱくな気分になれる
・好きなときに食べられるよう、たくさん作ってテーブルに積んでおきたい!

おやつ用にまた作りたい度
★★★★☆


普通のウインナーパン
20150519101458e7a.jpg
・あ、食べ慣れたやつだ!
・ウインナーとパンのバランスが最高
・パン屋さんで買うと冷めているけれど、焼き立てってウインナーの皮がパリッとはじける!
・うまい

パン屋さんのソーセージパンは計算された結果のものだと実感する度
★★★★★


ハーブ入りフランクパン
20150519101527c77.jpg
・フランクの皮が噛み切れない!
・こういう太いハーブ入りソーセージをお店でカットしてから食べるのは、取り分けることに加えて、噛み切りにくいからなのか・・・
・フランクがメインでパンとのバランス悪い
・給料日に周りに流されて、無理に贅沢をしているような気分に
・パンって長時間焼くと硬くなるというけれど、確かにふわふわ感がない
・焦げが気になる

せっかくおいしいソーセージ、ちょっとずつカットして食べればよかった度
★★★★☆


フランクフルトパン
20150519101509540.jpg
・このタイプだと噛み切れる!フランクフルトうまい!
・でもこちらもフランクとパンとの割合バランスが悪い
・パンがやはり硬い・・・焦げも気になる
・そういえば、パン屋さんのソーセージパンでたまに長いタイプもあるけれど、細長いウインナーが使われていたのを思い出した
・ソーセージが太すぎると、下のパン生地に火が通りにくいのか・・・

これからフランクとパンを食べたい時はホットドックにしよう度
★★★★★



一度に全部食べたわけではないのですが、
かなりお腹がいっぱいになりました・・・。
フランクパンのパンが硬くなってしまい、
またさすがソーセージ、かなりのボリュームで
ひさびさに食べ疲れを経験しました。

そして、食べ終わった後歯の詰め物がとれてしまいました・・・
歯医者さんに電話したものの、都合が合わず1週間以上先の予約に。
痛みださないことを祈って、1週間おそるおそる過ごそうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 手造り!パン・ケーキ・スイーツ - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。