スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卵なしフレンチトーストと変わり種フレンチトースト

201504181017059af.jpg

パンケーキブームはいまだ衰えませんが、今年はフレンチトーストが流行しているそうです。
フレンチトーストといえば、(基本的には)卵と牛乳と砂糖を混ぜた卵液にパンを浸して焼いたものですが、卵を使わず牛乳や豆乳に浸しただけのパンを焼くというレシピを見かけました。
卵アレルギーの方や離乳食向けのレシピということですが、焼く直前に片栗粉をまぶすことで、卵を使わなくても表面がカリッと焼けるということです。

フレンチトーストはもともと、古くなって硬くなったフランスパンを美味しく食べる方法として編み出されたレシピだとか。
ネット上にも、さまざまなアレンジフレンチトーストのレシピを見つけることができました。
卵+牛乳にこだわることなく自由なレシピがフレンチトーストを名乗っていいのではと思い、思いつくものをいくつか作ってみることにします。


試してみるのは以下の4つです。

① 牛乳100%

② 卵+オレンジジュース

③ 卵+飲むヨーグルト

④ 溶けたバニラアイス


パンは6枚切りの食パンを使用し、バター10グラムを熱したフライパンで焼きます。
①と②は大さじ1の砂糖を加え、①のみ焼く直前に片栗粉をまぶします。

さて、①の牛乳オンリーから作っていきましょう。

牛乳に砂糖を混ぜたところに食パンを浸して・・・
201504172152378d8.jpg
牛乳多めかなと思ったのですが、ぐんぐん吸収していきます。

片栗粉をまぶして・・・
20150417215248b6d.jpg


熱したフライパンにバターを落として、焼きます!
20150417215323cdb.jpg

できました。
201504172153397c4.jpg

断面はこんな感じ。
牛乳のみ、焼き上がり

食べてみると、食感はフレンチトーストそのものなのに、味はパンという不思議。
確かに表面は焼き目もついて、カリッとした食感もあります。
これが片栗粉の効果でしょうか。
卵がないけれどフレンチトーストが食べたい!というときにはこれで十分満足できると思います。
また、フレンチトーストを普通に作るとき卵液がなかなか染み込まないことがあるけれど、これは吸収力抜群で、耳まで柔らかくできました。

とはいえ、フレンチトーストの名を背負わせるにはうっすらと貧乏感がぬぐいきれません。
こどもにずっとこれがフレンチトーストだと信じて食べさせて、大きくなってから初めてどこかで本物のフレンチトーストを食べて、驚愕する・・・という場面を想像しました。
うちって貧乏だったんだな・・・と思うことでしょう。

でも私はとても気に入って、実は作ったとき夕食を食べ終えた後だったので、試食だけして残りは翌日・・・と思っていたのに、気づいたら食パン1枚食べ終わっていました。

貧しいけれど幸せな一家度
★★★★★



次はオレンジジュースバージョンです。
201504172154284a7.jpg
これは一般的なレシピのようで、ネットでも多数見ることができました。
クレープシュゼットのような感じでしょうか、期待が持てます。

卵を溶いたところに砂糖とオレンジジュースを混ぜて・・・

食パンを浸して・・・
20150417215443842.jpg

焼きます!
オレンジ焼き

できました。
オレンジ焼き上がり
はっきりオレンジ色!

食べてみると、酸味があって、オレンジの味がしっかり感じられます。
オレンジが加熱されて、クレープシュゼットみたいな風味も感じられます。

以外に断面をみると中は白いです。
オレンジ断面
卵が入っているからか、柔らかいのに弾力があります。

酸味が強めで、ずっと食べ続けるにはちょっとパンチが強すぎるのでバニラアイスを乗せると・・・
201504181017059af.jpg
オレンジの酸味と、クリーミーな甘みがぴったり!
これはバニラアイスを乗せて食べるべきでしょう。

バニラアイスと合う度
★★★★☆


さて、次は飲むヨーグルトバージョン。
完全な思いつきですが、熱するとヨーグルトの酸味がどうでるのか・・・。
201504202251368a1.jpg

卵を溶いたところに飲むヨーグルトを混ぜて・・・

食パンを浸して・・・
20150420225231cc3.jpg

焼きます!
ヨーグルト焼き

できました。
ヨーグルト焼き上がり

酸味があるけれどヨーグルトとはわかりません。
オレンジジュースのときは、酸味があって、それがオレンジとわかったのに、こちらは酸味のみ・・・。
決して傷んでいるという印象はないのですが、フレンチトーストに酸味があるとちょっと違和感を覚えます。

断面は意外にも黄色!
ヨーグルト断面
卵の色がはっきり発色したのでしょうか。

結局シロップをかけて食べました。
オレンジジュースの時みたいに砂糖を混ぜればよかったかも。
いずれにせよ、これはもうやらないでしょう。

わざわざやらなくていい度
★★★★★


最後にバニラアイスバージョンです。
基本のフレンチトーストの卵、牛乳&砂糖がすべて入っているものということでバニラアイスを溶かして作ってみることにしました。
アイスのグレードによってはとってもリッチなものになるかもしれないのですが、手軽さ重視でスーパーカップで試してみます。
2015041721545573c.jpg

バニラアイスをレンジで溶かして、食パンを浸して・・・
バニラアイス、焼く前

焼きます!
バニラアイス、フライパン焼き

できました。
バニラアイス、焼き上がり

強い甘い香りが漂います。
焼き色も黄色で見た目は普通のフレンチトースト・・・
そして食べてみても・・・フレンチトーストだ!
アイスクリームだとは分からないです。
かなり甘いし濃厚で、シロップはまったく必要ありません。
冷たいと甘みを感じにくくなるので、アイスクリームは溶けるとより甘く感じるというけれど、ほんとにアイスクリームって甘いんだな~と実感します。
20150420225902204.jpg
きれいな卵色なのですが、味は卵というよりバニラです。
でもアイスクリームの種類によって変わるかもしれません。

ほかのアイスでも作ってみたい度
★★★★☆


最後に・・・
以上4種類試してみて、卵なしフレンチトーストがいちばん気に入りました。
手軽さと美味しさのバランスに驚かされます。
今度、だまって家族に食べさせてみようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。