スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるごとたくあん

20150717211119ced.jpg
たくあん大福。

先日テレビで、チャーハンをパラパラにする裏技をいくつか紹介していて、
その中の1つに「たくあんを入れる」というのがありました。
刻んだたくあんを入れることで味付けの代わりになるので
余計な調味料の水分を加えずに済み、べちゃべちゃしないということでした。

へ~たくあんかと思ってなんとなくネットでたくあんを検索していたら、
たくあんを使ったアレンジ料理がいくつも出てきました。

たくあんって慣れ親しんでいるけれど、最近食べてないな
あの黄色いビジュアルが懐かしいなと思い、
私もたくあんをアレンジしてみることにしました。
そうです、お菓子にします。


たくあんの種類、そして夏の思い出

さっそく買ってきました。
20150717210314cac.jpg

よく行く駅ビルの食料品街の漬物屋さんに行ったのですが、
たくあんというだけでいろんな種類がありました。

よくある真っ黄色のたくあんと、べったら漬、いぶりがっこを想定していたのですが
鰹節を入れたものとか、古漬風とか、たくあんだけのコーナーがあるほどでした。

お店の方に、たくあんがほしいんですが・・・と話しかけたところ
おじさんがいろいろ紹介してくれました。
これはいちばん普通のやつで、これは塩分の強いもので・・・など
わかりやすかったのですが、
まさか私がこのあとお菓子にしようと思っているとは思わないだろうな・・・と
なんとなく罪悪感をいだきました。

このお店のおじさんは、覚えていらっしゃらないと思いますが、
実は以前個人的にお世話になったことがあるのです。

5、6年前のちょうどこの季節、地元の夏祭りの日に浴衣で駅ビルを歩いていたら、
ちょうどこの漬物屋さんの前を通ったとき、下駄の鼻緒が切れてしまったのです。
とりあえず靴売り場に行ってサンダルを買うかと足を引きずりながら歩いていたら
後ろから「ちょっと、ちょっと」と呼び止める声が聞こえました。

なんだろうと振り返ると、そこにはガムテープを持った漬物屋さんのおじさんが。
私の鼻緒が切れているのを見かけて、困っているだろうと
ガムテープを持って走って追いかけてくれていたのです!

おじさんが貸してくれたガムテープで直した下駄は
ずっと履き続けられるくらい頑丈だったので、
結局靴屋さんには行かず、そのまま家に帰ってサンダルに履き替えたのでした。

おじさんありがとう!今後漬物はおじさんのお店で買います!!

と心に誓ったのですが、普段漬物を買わないので
それ以来の会話となりました。
改めて、おじさんありがとう!
おじさんのお店の漬物、決して無駄にはしません!


漬物3種類

おじさんは、当然たくあんを1種類だけ買うのだろうという反応だったので、
なんとなく言い出せず、「いちばんオーソドックスなたくあん」と言われたものだけ
買ってきました。

というわけで、3つのうち2つはほかのスーパーで買ってしまったのですが、
1つずつ紹介していきます。

まずはおじさんのお店のものです。
20150717210342d47.jpg

おじさんのいちばんのおすすめで、
みんなが思うたくあんの味とのこと。

食べてみると、確かに記憶の中のたくあんの味でした。
真っ黄色のたくあんより甘味は少なめですが
十分甘くて、ぱりぱりした歯ごたえもおいしいです。

次ははいぶりがっこです。
2015071721035672c.jpg
パックを開けると・・・と書きたいところですが、
開ける前からすでに燻製臭が。
こういう漬物ってパックを開ける前から匂うのはなぜでしょう。
液漏れしているわけでもないのに・・・。

2015071721083635e.jpg
あらかじめスライスされています。

スモーキーな香りと同時に甘味が感じられます。
薄くスライスされているのに、
十分歯ごたえのあるぱりぱりとした食感がおいしいです。

ところで、「いぶりがっこ」と入力して変換すると、

胆振がっ子

になってしまい、ちょっとめんどくさいです。

胆振がっ子。
なんとなくじゃりン子チエ を思い出します。

最後はいなか漬です。
20150717210409a2a.jpg
昭和三十年代の味 昔なつかしいすっぱいいなか漬

なるほど、すっぱいのね・・・と思って食べたつもりが、
予想をはるかに上回るすっぱさです。
1センチくらいの厚さに切って口に入れたら一瞬息が詰まりました。
甘いたくあんの味を想像して口に入れるとかなり大きく裏切られます。


アイスクリーム×いぶりがっこ


スモーキーで甘いいぶりがっこが、なんとなく
バニラアイスと合いそうな気がしたので、混ぜてみます。

いぶりがっこを刻んで・・・
201507172104228ad.jpg

アイスクリームをやわらかくして・・・
20150717210436446.jpg

ボウルにあけて、刻んだいぶりがっこと混ぜます。
201507172104505f2.jpg
113mlのアイスに、いぶりがっこ20グラム入れました。

かなり溶け気味なので、
20150717210503db0.jpg
もとのカップに入れてまた冷凍庫へ。
2015071721025726e.jpg

20150717210521dae.jpg
固まったので、食べます!

201507172106067ab.jpg

あ!おいしい!!

こってり甘いバニラアイスに、燻製の香りが加わって、
あまじょっぱいパンチのある味になりました。
予想の範囲内の味でしたが、予想を上回るパンチ力です。

いいじゃないかと思ったのですが、
この直後印象が変わります。

アイスが溶けた後も、いぶりがっこがかなり口に残るのです。
もともとぱりぱりと歯応えのあるいぶりがっこが、凍らされることでさらに硬くなります。
バニラアイスがすっと口の中で溶けるのに対し、いぶりがっこがいつまでも
口の中で主張し続け、後味は完全にいぶりがっこです。
例えるなら、いぶりがっこアイスです。

完成度 ★☆☆☆☆


いぶりがっこケーキ

いぶりがっこのスモーキーで甘い味はお菓子に合いそうな気がするので、
加熱してみたらどうだろうと、今度はパウンドケーキにしてみます。

バターと砂糖を混ぜて・・・
20150717210632119.jpg

溶き卵と薄力粉を加えて・・・
201507172107065ce.jpg

刻んだいぶりがっこを加えます。
20150717210726233.jpg

焼きます。
20150717210746660.jpg

オーブンから燻製の香りが漂ってきます。

できました!
201507172108059e7.jpg

完成後も燻製の香りです。
20150717210820a2a.jpg

おいしいです。
やはりもともと甘味の強いいぶりがっこはお菓子との相性がいいです!
しかも今回は加熱して柔らかくなったので歯応えもちょうどいいアクセントになっている!
スモークチーズで作ったチーズケーキがあったらこんな感じかなぁ。

・・・と思ったのですが、どうしても味のパンチが強すぎました。

そして突然現れる漬物感に、
私はいぶりがっこ入りケーキを食べているという現実に引き戻されます。

甘い!しょっぱい!燻製!漬物!!!
という感じです。
この味の濃さは、これをおかずにごはんが食べられそうです。

完成度 ★★☆☆☆


和菓子にする

いぶりがっこは普通に食べることにして、今度は若宮一本を使ってみます。
20150717210342d47.jpg
おじさんが勧めてくれた、オーソドックスなやつです。
洋菓子が続いたので、和菓子にしたいなー・・・ということで、これを。

白玉粉に少しずつ水を混ぜて・・・
20150717210902618.jpg

砂糖、どばーーー
20150717210916378.jpg
グラニュー糖を買ってこようと思っていたのに忘れてしまい
家にあるきび砂糖で作っているため茶色くなってしまいました。


201507172109290db.jpg
これをレンジで加熱します。

伸びてきました!
201507172110044b4.jpg

片栗粉をまぶして伸ばして・・・
201507172110215e7.jpg

20150717211034421.jpg

たくあんと、あんこを包んで・・・
2015071721105026e.jpg

いちご大福ならぬ、たくあん大福ができました!

2015071721110339d.jpg

しかし茶色い・・・。
珈琲大福の様になってしまいましたが、たくあん大福なのです。

20150717211119ced.jpg

おいしいです!味は合います。
でも、やはりこれもたくあんの歯応えが・・・。
お餅とあんこに比べて、たくあんが最後まで口に残ります。

そしてなんといっても味が濃い!!

食べ続けていると、

甘い、甘い、しょっぱい!
甘い、甘い、硬い!!
甘い、甘い、しょっぱい、濃い、甘い、しょっぱい、硬い!!!

と、頭の中で応援団が三々七拍子を始めます。

完成度 ★★★☆☆


あのお菓子にしてみる

最後はいなか漬を使ってみます。
20150717210409a2a.jpg
ひたすら酸っぱかったアイツです。
甘味がなく酸っぱいので、かなり甘めのお菓子と組み合わせてもいいかも・・・
ということで、こうしてみます。

まずはスポンジケーキです。
20150717211133a0e.jpg
広げるのを失敗して細切れになってしまいましたが、大勢に影響はないのでこのまま進めます。

砂糖を加えて泡立てた生クリームを塗って・・・
20150717211204a08.jpg

細長く切ったたくあんを乗せて・・・
20150717211217407.jpg

つつみます。
20150717211241e9f.jpg

そうです、まるごとバナナならぬ、まるごとたくあんです。

これです。
20150717211253474.jpg


問題作を作ってしまった。
20150717211307751.jpg

あれ!?
おいしい!!!
201507172113320fa.jpg


いちばん問題作だと思ったけれど、いちばんおいしいかも!

甘いスポンジと甘い生クリームがすっぱいたくあんと合う!
しかもたくあんの匂いは消えてます。

ウィキペディアによると、姉妹商品として、まるごと苺やごろっとピーチというのもあるらしいので
次回はぜひまるごとたくあんを出してほしい!





・・・・・・ただ、皮が噛み切れない!!

完成度 ★★★★☆



まとめ

導入にチャーハンを挙げて、
お菓子にも合うことを示してたくあんの汎用性を証明するつもりが
今回はぴったりはまるものがありませんでした。
イチオシはまるごとたくあんですが。
とりあえずは、そのまま食べたり、チャーハンに入れたりして
食べようと思います。
(家族に勧められていぶりがっこにクリームチーズを乗せて食べたのですが
おいしかったです!)

そして、平常時でも糖分・脂質(おもにバター)摂りすぎの自覚はあるのですが
今回塩分も摂りすぎました。

あと、よくスイーツビュッフェで甘いものを続けて食べた後、
ちょっとしょっぱいものを食べるとリセットされてまた甘いものを食べられる現象がありますが、
甘いものとしょっぱいものを同時に食べても
味の濃さに打ちのめされて身がもたないことを改めて確認した次第です。

スポンサーサイト

芋ようかん・愛

20150706161633b81.jpg
芋ようかんの肉巻き。

先日、芋ようかんやあんこ玉で有名な舟和さんのホームページを見ていたら、

「フライパンにバターやマーガリンをひき、お好みの焼き目が付くまで焼きますと、こくのある洋風のお味になります。」

という表記を見つけました。

何それ!おいしそう!!

さっそく試すとともに、
私もほかに芋ようかんの可能性を探りたい!と思い、
ごはんのおかずにならないか等、試してみました。


舟和さんのいいなりになる

早速買ってきました。
20150709203353131.jpg

輝く芋たち!
20150709203412af4.jpg

こんな愛想のない様相をしてるくせに、おいしいんだからな~。
無骨だけれどとっても優しい男の子のように思えてきました。

一生懸命考えてメールしても、返信はそっけないんだろうな。
絵文字なんて決して、使わないんだろうな・・・。
20150709203423b32.jpg


このまま食べても、もちろん約束されたおいしさです。
素朴な見た目なのに、上品な甘さで甘すぎず
さくっした歯触りで、お芋のおいしさをダイレクトに楽しめます。


これを、バターで焼いていきます。
201507092035252f2.jpg

うわー、こりゃ絶対おいしいわ。
2015070920353699e.jpg

20150709212613c4c.jpg

20150709203550d47.jpg

食べる前から美味しいのがわかる笑顔。
20150709203612026.jpg

当然のおいしさ。
201507092036239f5.jpg
こくのある洋風のお味。

熱々の芋ようかんにバターの塩分も加わって、もう想像通りのおいしさです。
甘さも倍増して、スイートポテトに近いのですが、
スイートポテトほどこってりしていないのでいくらでも食べられてしまいそうです。

ところで、芋ようかんの箱にはこんなことが書いてありました。
20150709203751c84.jpg
「冬はお粥やご飯と一緒に炊いたり、夏は凍らせてアイスのようにお召し上がりいただくなど・・・」

ご飯と炊く!?

凍らせる!?

早速やってみましょう。

炊いてみます。
20150711211801b62.jpg
3号のお米に芋ようかん3本入れました。

炊けました!
2015071121182257b.jpg

20150711211835138.jpg

甘~いお芋ご飯になりました。
お芋がとっても軟らかいので、普通のさつまいもご飯のホクホク感はないのですが
お芋がごはんと絡んで一体化しておいしいです。

凍らせました。
2015070920343593e.jpg

カチカチ・・・
20150709203458a0e.jpg

と思いきや、ちょっと力を込めたらすっと切れました。
201507092035099f9.jpg

口に入れるとひんやりですが、すぐに溶けてきます。
いまみたいな暑い季節にはぴったりです。

どうやってもおいしいです。
そのまま食べても十分おいしいのに、こんないろんな提案をしてくれるなんて・・・。
なんというホスピタリティ!
なんていうきめ細かさ。

私の通っていた中学・高校では、
マフラーをつけたら、それをコートの襟の中にしまわないといけないという校則がありました。
また髪型だと、ポニーテールは禁止されていました。

その理由として伝えられていたのが、
「マフラーがひらひらしていると、電車のドアに挟まれて危険だから」
「ポニーテールは満員電車の中で後ろに立った人の顔に当たって申し訳ないから」
というものでした。

当時は何それ!そんなことあるか!
と思っていたのですが、社会に出て、勝手に生活していると
たまにこんな細々しい校則が懐かしくなることがあります。
でも私には、私の芋ようかんライフをきめ細やかに気にかけてくれる
舟和さんがいました・・・!


芋ようかんを作ってみる

原材料表示を見ると、今度はこんなことに気づきました。
201507092033406a2.jpg
材料これだけ!?

20150709203804247.jpg
「甘藷と砂糖と少量の食塩で造りあげております。」

固めるための寒天などは使っていないんだ!!
そして、サツマイモと言わず甘藷というところがカッコイイ。

なんだかとってもシンプルなので、自分で作ってみようと思います。

ネットで調べると、材料3つで作る芋ようかんのレシピがいくつか見つかりました。
どうやら、サツマイモの水分を吸う性質によって固まるようです。

甘藷と砂糖、塩を用意しました。
201507061609259ed.jpg

サツマイモの皮をむいて輪切りにして、水にさらします。
20150706161025579.jpg

少量の水で蒸し茹でにして・・・
201507061610488b2.jpg

砂糖と塩を加えてフードプロセッサーにかけます。
20150706161104011.jpg

裏ごしするとお店っぽくなるみたいですが、手を抜きました、このまま型に詰めます。
20150706161127b4f.jpg

あとは荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やすだけです。

本当に固まりました!
20150706161139d66.jpg

20150706161151f79.jpg

食べてみると、本物と比べると軟らかい仕上がりで、
さらに裏ごししていないため粗野な感じですが
十分芋ようかんです。


おかずにしてみる

あまりに魅力的な提案の数々に思考停止して、
舟和さんの言いなりに行動してみましたが、
おかげで芋ようかんのいろんな表情を知って、
ますます芋ようかん、そしてサツマイモが好きになりました。

しかし、サツマイモには大きな弱点があると思うのです。


それは・・・


ごはんが進むおかずにはならないということです。

もちろん芋ごはんという選択肢はありますが、
さつまいもの「おかず」の代表というと、
甘露煮やてんぷらで、箸休めやおやつになってもごはんには合いません。

そこで今度は自分の頭で考えて
芋ようかんを使ってごはんが進むおかずを作ってみようと思います。




さて何にしようか・・・
ごはんは進まないけれど、お芋のてんぷらっておいしいよなー・・・
バターとも相性がいいし、大学芋もあるし、
やはり油で揚げるのは捨てがたい・・・

ということで、まずはから揚げにしてみようと思います。

鶏肉と一緒に下味をつけて・・・
20150706161441ce7.jpg
ちなみに舟和さんの芋ようかんは全部食べてしまったので
自作の芋ようかんを使っています。


粉をつけてフライパンで揚げ焼きします。
20150706161458a72.jpg

しまった・・・。
芋ようかんがどんどん油を吸って行きます。

いつも揚げものは少ない油で揚げ焼きなのですが、
芋ようかんが油を吸いまくって、もはや「揚げ」とは言えない油の量に・・・。
201507061615100a9.jpg
しかも油を吸って芋がひっくり返しにくい!

焦げて、崩れて、それに気を取られているうちに鶏肉も焦げそうに・・・。

20150706161520ef5.jpg
何とかできました。

食べてみると・・・

味はおいしい!
大学芋みたいな味になりました。
生姜をきかせたから揚げの下味とよく合います。
ただ、サツマイモの甘みが強調されていて、やはりごはんのおかずにはなりません。

ごはんのおかずとしての成功度
★☆☆☆☆



から揚げの経験から、

・芋ようかんは油を吸う
・加熱すると崩れやすい

という当たり前の事実に突き当たったので、この2つを攻略できないか・・・






こうしてみます。
20150706161546495.jpg

豚バラ肉で巻いて焼きます。
201507061615585e5.jpg

油を吸うなら、あらかじめ脂で巻いてしまえ!
そして巻くことで崩れるのを防ぎます。

20150706161609a9d.jpg
ちなみに今日の夕食のおかず確保のため、
右半分は高野豆腐の豚バラ巻きを作っています。


20150706161621aa0.jpg

できました!
20150706161633b81.jpg

おいしそう!
20150706161643142.jpg

旨い!!!

すでに様々な角度から証明されている、油とお芋の相性の良さ!
もちろん豚バラの脂ともよく合います。
そしてしょうゆベースのたれとサツマイモの甘さで甘じょっぱいおかずになりました。


これはごはんにも合う!!!
20150706161653db0.jpg
豚バラの中から軟らかいお芋がむにっと出てきて至福です。

これからサツマイモをおかずにしたいときは肉巻きにします。

ごはんのおかずとしての成功度
★★★★★



まとめ

舟和さんの素敵な提案のおかげで
いままで、好きだけど見過ごしがちだった芋ようかんの魅力を
たくさん知ることができました。

そしていままで、おやつになってもおかずにはなりにくいと思っていた
サツマイモが、ご飯の進むおかずになる可能性を知ることができて満足です。



ちなみに、水で溶いた小麦粉を一面ずつつけて焼くと・・・
201507061613373d8.jpg

2015070616134892b.jpg


きんつばになります。
20150706161402b0e.jpg

なんでもカレー味にする~カレーアチーズケーキ~

201506292354410be.jpg
レアチーズケーキ・カレー味。

私はお菓子作りが好きで、甘いものを食べるのも大好きなのですが
世の中には甘いものが好きではないという人も多くいらっしゃいます。

お菓子が苦手な方にも食べてもらえるような工夫はないだろうかと考えて
思いついたものがあります。
それは、カレー!!
みんな大好きなカレー。
カレー味のお菓子を作ってみました。



どんなお菓子にするか


カレー味のものって、いろんなところで見かけます。
インスタントラーメンのカレー味はもちろんですが、
揚げ煎餅やうまい棒など、いろんなところで採用されています。

こんなのもありました。
201507022147113bb.jpg
ただのカレー味ではなく、サバカレー。

今回は、甘いお菓子であることをあきらめたくはないのです。
お砂糖もいつも通りたっぷり入れて、
普通の手順で作りながら、カレー味にしてみようと思います。
それによって、甘いもの好きの人をより引きつけ
甘いものが苦手な人にも好んでもらえるものにならないか試してみます。

使うのはこちらのカレー粉です。
20150629234633104.jpg


カレークッキー

まずは基本からということで、クッキーをカレー味にします。

まずは薄力粉と砂糖を混ぜます。

手加減しません。お砂糖もいつも通りドバッといきます。
20150701212653901.jpg
右の茶色いのが砂糖です(きび砂糖)。

続いてバターを入れて、手で混ぜます。
2015062923471489c.jpg

ひとまとまりになったら・・・
20150629234733253.jpg

カレー粉を加えます。
20150629234745396.jpg
目安がわからないので、小さじ1杯半くらい入れてみました。

こんな色に。
201506292348341eb.jpg
黄色いカレー粉の粒が見えます。

円柱状にまとめて冷凍庫で休ませて、輪切りにして焼きます。
20150629234813ac6.jpg

プレーンも一緒に焼いています。
201506292349241d7.jpg
奥の黄色いのがカレー味。

オーブンからカレーの香りが漂ってきます。

焼けました!
20150629234934e28.jpg
左半分がカレー味。

201506292350063a6.jpg

食べてみると・・・
20150629235419753.jpg

・しっかりカレー味、パンチがある
・でも甘い!パンチはあるのに辛くはない


はっきりカレーの味なのに辛くないので、騙されているような不思議な感じがします。
カレーだ!これから辛くなるぞ!と覚悟したのに、肩すかしのような。

家族に食べさせたら、
「カレーだ・・・」と言って、それ以上なにもありませんでした。
不味くはないので、1回なら楽しく食べられるのですが、
また食べたいかというと微妙です。

先日ラジオを聴いていたら、

「『美味しくも不味くもない』料理を耳障りよく表現するなら、『飽きの来ない味』」

と言っていました。
このカレー味クッキーは『飽きの来ない味』の正反対なのに、
美味しくも不味くもないという結果に。

新しいお菓子としての成功度
★★☆☆☆



カレーマフィン


続いて、マフィンに挑戦してみます。

粉をふるうところにカレー粉も加えます。
201506292350233cf.jpg

別のボウルで砂糖とバター、卵をすり混ぜます。
2015070400231214f.jpg

またしても砂糖とバターたっぷりです。
お菓子作りが好きなので、砂糖とバターの消費量が多いのですが
砂糖はまだしも、最近バター不足で困っています。
スーパーに普通の国産バターが全然なくて、
あるのはひと塊1000円以上もするフランス製のエシレバターだけ
というようなこともあって、何軒もスーパーを巡ることになっています。

バター不足は何年も前から何回か遭遇し、
そのたびにバターを求めていろんなお店を回って探すのですが
以前、動物性脂肪の生クリームをペットボトルに入れて振り続けると、
水分と乳脂肪分が分離して、バターを作れると聞きました。

やってみよう!と思って挑戦したことがあります。
確かに作れたのですが、なんだかバターを手作りしてお菓子を作るって、
バレンタインデーによく言われる、
「手作りチョコレートっていうならカカオを栽培するところからやれよ!」
というような話だなと思いました。
でもよく考えたら、その例えで言うなら
クッキーを作るために牛から育てないといけなかったですね。

ちなみに、この手作りバターは少量しかできない上に、
ものすごくおいしいんです。
あまりにおいしくてお菓子にするのがもったいなくなって
塩をふってパンに乗せたり、茹でたじゃがいもに乗せたりしてそのまま食べました。
夢の様に美味しかったです。

好きな食べ物:バター

と答えたくなります。



マフィン作りに戻ります。

バターと砂糖を混ぜたところに粉を加えて・・・
20150629235101002.jpg

カップに入れて焼きます。
2015062923513172a.jpg

焼けました!
20150629235149b40.jpg

2015062923520449f.jpg

食べてみると・・・

・クッキーよりなぜかジャンク感
・なんかこれ食べたことある味だ・・・


クッキーの材料の総量と比較して、カレー粉が同じ比率になるよう
小さじ2杯強入れたのですが、クッキーよりパンチがない感じでした。
なぜかちょっとジャンク感が加わって、なんだか食べたことのある味に。

カールのカレー味?カップヌードルカレー味?
とにかくそのあたりの味です。

なんだろうと考えながら食べて、
2、3ヶ月後くらいに思い出してまた食べたくなりそうです。

マフィンは、甘さよりもカレーのスパイシーさが強調されて、
スナックとして楽しめそうな感じがします。

こんな楽しみ方ができないかと家族に提案してみました。
2015062923521893a.jpg

「甘いだけのマフィンだとビールには絶対合わないけれど、
カレー味だとなぜか大丈夫・・・今日1回だけならまぁ・・・」

とのことでした。

新しいお菓子としての成功度
★★★☆☆




カレーアチーズケーキ

カレーとチーズって合うよな・・・と思いついたので、
今度はチーズケーキと合わせてみます。
ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキと迷ったのですが、
より味の想像がつきにくい、レアチーズケーキを作ってみます。
カレーアチーズケーキです。

まずは土台部分を作るため、先ほど作ったカレークッキーを砕きます。
20150629235232efa.jpg

溶かしバターを混ぜて、型の底に敷き詰めます。
20150629235252e0f.jpg

クリームチーズと砂糖、生クリーム、レモン汁を混ぜたところに、
201506292353128e9.jpg

カレー粉を加えます。
201506292353375c1.jpg

20150629235348752.jpg

ゼラチンを入れて、
20150629235359da3.jpg

型に流して冷やし固めます。
20150629235410659.jpg

できました!
2015062923542902f.jpg

2015062923550643c.jpg

食べてみると・・・

・カレーのパンチはなくなった
・シナモンが入っているスパイシーなチーズケーキみたい
・レーズンが合いそう


カレーよりチーズが勝って、完全にチーズケーキになっていました。
甘いものが苦手な方には受け入れられないと思うのですが、
チーズケーキの新しいフレーバーとしてはアリなのではと思えます。

でも、家族に食べてもらったところ、

「最近こういうのが流行っていて、お店で並んで買ったと言われたら
へー、こういうのもあるのか、1回食べるならアリだなって思うけれど
家で作ったと聞くと、せっかくなら普通にチーズケーキ作ってよ!って思う」


と言われました。

新しいお菓子としての成功度
★★★☆☆




カレーフルーツサンド

レアチーズケーキがそこそこうまくいった気がするので、
より生菓子なもの・・・生クリームと合わせてみようと思います。
生クリームとフルーツをパンで挟んだ、
フルーツサンドにしてみます。

生クリームを泡立てて、カレー粉を投入!
20150629235543d3b.jpg

この時点で味見してみたところ、
いままで食べた中でいちばんダイレクトにカレーでした。
カレーだ!辛いぞ!!

サンドイッチ用のパンにカレー生クリームを塗って、桃を挟みます。
20150629235604482.jpg

できました!
20150629235627cfd.jpg

食べてみると・・・

うーん・・・

20150702110508da6.jpg

これはない!

思わず笑ってしまいました。

パンとフルーツが加わることで辛さは抑えられたのですが、
私は何を食べているのかという気持ちになります。


新しいお菓子としての成功度
☆☆☆☆☆



今回は、残念ながらこれだ!というものがありませんでした。
甘いものが苦手な方に食べさせたら、
これだから甘いものばっかり食ってるやつはロクなことしない!と
よけい嫌われてしまいそうです。

カレーって食べ慣れ過ぎていて、食事としての記憶が強すぎて
甘いお菓子にすると違和感がとれないのかも・・・と思いました。
しばらく我が家のオーブンからもカレーの香りがとれませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。