スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケーキ選び力

ケーキが大好きだ。
何度でも力強く言える。
ケーキが大好きだ。

ケーキが好きなのはわかった、じゃぁ何のケーキが一番好きなの?
とたまに聞かれる。
非常に難しい質問だ。

もちろん、そう聞かれることはあるだろうと予測できるので、
ひまなときたまに考えている。
そもそも、ケーキってベーシックなものだけでも数えきれないくらいある。
チョコレートを使ったもの、フレッシュフルーツを使ったもの、タルトにチーズケーキ…。
どれもおいしい。
もうなんだっていい。

再度言う、非常に難しい質問だ。

だから、「さぁ今日はケーキを買うぞ」となってケーキ屋さんに行くと非常に困る。
ケーキ屋さんのショーケースを前にどれにしようか悩むのだ。
お店にはいつだって、定番のケーキから季節のフルーツを使ったもの、
期間限定の新作など魅力的な姿が並んでいる。

とはいえ、私だってケーキを食べて30年である。
ケーキ屋さんのショーケースを前に何のケーキを食べるか悩むのは非常に幸せな時間ではあるけれど、
そう毎回ほかのお客様の迷惑になるような時間のかけ方はしていない。
その日のお腹の好き具合とか、季節、食べる時間(夕食後かおやつなのか等)などを考慮して、
今日食べるならコレ!というものを選ぶようにしている。

そして家に帰るのだが、いざ食べる段になると毎回思うことがある。
一緒に選んだ夫のケーキのほうがおいしそうなのだ。

いや、言わせてください。
これは決して、「人が食べてるものって美味しそうに見える」という現象だけではないのだ。
食べるときにはお互いにちょっとずつ交換して食べるのだが、
だいたいが「交換したままこっち(夫のケーキ)を食べたいな…」と思うことが多いのだ。

これが非常に悔しい。
私の方が絶対ケーキが好きなのに…!

20150908232359572.jpg
キウイとホワイトチョコのタルト。これはイートイン、しかも一人で食べたため夫のケーキと比べることはなく、淡々とおいしくケーキを頂いた。

2つ選んで買うので、できれば同じものにならないようにしている。
毎回夫はそう考え込まず、コレというものを決めているようだ。
私の方が先に決める時もあれば、夫の方が先に決まっていることもある。
偶然同じものを選んでしまった時は、後から決める方が別のものを選ぶようにするのがなんとなくルールになっている。
(もちろんどうしてもそれがいいなというときは同じものを2つ買う)。

20150908232423407.jpg
これも美味しかったけれど、このとき夫が食べていたローズパンナコッタがすごくおいしかった…。

このケーキ選び力はなんの能力なのだろうか。

「おいしい」と思うのは食べるタイミングとかコンディションも関係しているかもしれない。
たとえば、夕食後に食べるなら少しさっぱり目の、フルーツなら柑橘系がいいとか、
お風呂上がりならつるんと冷たい冷菓子系がいいとか、
午後の小腹が空いたタイミングに食べるならガッツリボリューム感のあるものがうれしいとか。

だとすると、食べるときの自分の状況を考える想像力が必要かもしれない。

でも私だってこういったことを考えて選んでいるつもりだ。
それなのに、夫に聞いてみると、特に深くは考えず、これがおいしそうというインスピレーションで決めているらしい。
それなら直観力か。
それとも、ケーキの声が聞こえるとでも言うのか。

私もケーキ好きとして、このケーキ選び力をもっと磨きたい!

20150908232448290.jpg
今回の記事は何も写真のない記事になりそうだったため、過去に撮っていたケーキ写真を載せております。

それにしても、これはケーキだけの話なのだろうか。
ほかのことでも応用できる(というかケーキ選び力こそ派生能力というべきか)ものではないのか。
もしケーキ選び力が、直観力・想像力・決断力等の総合力というなら、ほかのところでも顕在化されているかもしれない。

たとえば、電化製品を購入するとき、同程度の機能を備えた競合製品の中から自分にとってベストのものを選ぶ能力とか、
いろんなスポーツクラブの中から通い続けることのできる可能性の高いジムを選ぶ能力とか、
条件に合ういろんなマンションを見たあと、購入すべきマイフォームを決める能力とか。

もちろん、上記のものはリサーチが重要だろうから、ショーケースを見てぱっと決めるケーキとは話が違うかもしれない。
でも、リサーチを大してしなくてもコストパフォーマンスよく何かを選ぶ能力なのではないかと思うのだ。

20150908232508063.jpg
ケーキではないけれど、大好きフルーツサンド。これだとケーキ選び力は発揮されない。

と考えたところで、わが夫を振り返ると、
何かを決めるとき、基本しつこいくらいリサーチする派だし、
面倒になってぱっと決めたインターネットのプロバイダは、しょぼかったーーー!と後悔している。

となるとやはりケーキにだけ発揮される能力なのだろうか。
それでもいい、私もケーキ選び力を身につけたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。